絵本作家に転職。キングコング西野が”芸人”を引退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絵本作家に転職。キングコング西野が"芸人"を引退

お笑いコンビキングコングの西野亮廣が28日、ブログを更新し「私、キングコング西野は『お笑い芸人』を引退し、『絵本作家』に転職いたします」とつづった。

西野は、27日深夜に放送されたテレビ朝日系「EXD44」で、西野のブログなどに意見をぶつけてくる“ネット住民”と現実世界で直接対決するという企画に登場。芸人をやりながら絵本作家も続けている西野に対して「絵本をメインにすればいいんじゃね?」などと意見する相手と対峙したが、まったく話がかみ合わず、番組内で「絵本作家になります」「芸人やめます」と発言してしまった。

この真相について、「お笑い芸人キングコング西野、引退」のタイトルでブログを更新。対峙した相手は「聞けば、芸人が絵本を描くのはアウトだけれど、絵本作家がテレビに出るのはアリだと、彼らは言います」と、芸人をメーンにすることに違和感を覚えていることが原因とし、「僕は絵本制作を辞めるわけにはいきませんし、梶原君との漫才をこれからも続けていきたいです」という思いを吐露。

「『芸人』とか言い張っていたからダメだったのでしょう。『絵本作家』と言って、漫才をしたり、テレビに出たりするのはいいのでしょう?」ともつづり、「芸人」を引退し、「絵本作家」を名乗ることにしたと説明した。

ブログの最後には「お笑い芸人は本日をもって引退します。デビューから16年、本当にありがとうございました」ともつづったが、ネット上では「肩書きが変わっただけか」「やることは変わらないのか」などの声が上がっていた。

引用元 デイリースポーツ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*