【覚せい剤】高知被告に懲役2年求刑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【覚せい剤】高知被告に懲役2年求刑

横浜市内のホテルで覚せい剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた元俳優高知東生(51)=本名・大崎丈二=、知人の元ホステス五十川敦子(34)両被告の初公判が31日、東京地裁(室橋雅仁裁判官)で開かれた。

2人は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。検察側はいずれも懲役2年を求刑し、弁護側は執行猶予を求め結審した。判決は9月15日。

検察側の冒頭陳述によると、2人は2010年ごろから一緒に覚せい剤を使い始めた。当初は高知被告が入手していたが、14年以降は五十川被告に金を渡し、購入させていた。

高知被告の供述調書が証拠採用され、10代で大麻を、20歳で覚せい剤を初めて使ったことも明らかになった。

高知被告は法廷で「悪いとは思っていたが、刺激を求める方が勝ってしまった」と述べ、事件後に離婚した女優の高島礼子さん(52)に対しては、「本当に申し訳ない」と謝罪した。

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000097-jij-soci

20歳から使用していたってかなり長い期間使用していたのならもう辞める事は出来ないのでは…

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*