【恐怖】飲むと不安障害が悪化する飲料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【恐怖】飲むと不安障害が悪化する飲料

心配で夜も眠れなくなる”不安障害”という精神疾患の一種は、食べる食品によって悪化することがあるそう。夏になると飲みたくなる炭酸飲料もその一つだといいます。

ダイエット炭酸飲料などによく使われる人工甘味料”アスパルテーム”は、脳内の幸せホルモン”セロトニン”分泌を抑止してしまうのだとか。その結果、頭痛や不眠症、不安、気分の浮き沈みなどの原因となるそうです。

またコーヒーなどのカフェインの過剰摂取は、体に悪い影響を与えると専門家が指摘。めまい・心拍数の増加・興奮・不安・震え・不眠症・下痢・吐き気などの症状が出ると考えられています。

引用元
http://wooris.jp/archives/213640

ダイエット炭酸飲料とはゼロカロリーのものを指しているのいるでしょうか。現代の飲料にはいろいろなものが使われているので、結局何が安全なのか分からないですね。なんでも取り過ぎるなということでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*