【危険】飲み過ぎもは危険だった?「水中毒」を防ぐ水の飲み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【危険】飲み過ぎもは危険だった?「水中毒」を防ぐ水の飲み方

気温の上昇とともに高まる熱中症のリスク。こまめに水分補給を行いたいところですが、水分を摂り過ぎると「水中毒」の恐れも。この時期に”体に負担をかけない水分摂取の方法”についてご紹介します。

熱中症になる要因としては3つあります。

(1)体格・体調

・体調管理をしにくい乳幼児や高齢者

・食事量が少なく低栄養状態の人

・体調不良で脱水症状気味の人

・二日酔いや寝不足で体調不良の人

(2)環境

・気温が高く、湿度が低いとき

・日差しが強いとき

・風通しが悪いとき

・35℃以上の真夏日のとき

(3)行動

・激しい運動をしたとき

・長時間の屋外活動をしたとき

・ストレスの多い行動をしたとき

・水分をとっていないとき

このような行動が体に熱を溜め込み、熱中症へと導いてしまいますので、これらの要因が幾つも重なる時は特に水分摂取を意識的に行ったり、ゆっくり体を休めたりと注意したいですね。

体に負担ない水分摂取は1日どのぐらいか

一度に多量の水分を摂ると、体内の塩分濃度が下がり、体液バランスを崩すなどして起きる「水中毒」。激しい運動などのあとでも、1時間あたり800cc、軽い運動で400ccの水分補給で充分と言われています。1日の水分摂取目安量を2Lとし、7〜8回に分けて飲むのがオススメです。

引用元 ウレぴあ総研

何でも摂取し過ぎは良くないという事ですね。水分のコントロールは難しいですが、細かく気を付ける事で熱中症を防ぐ事が出来るようです。実践してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*