【7月発売】ランチパックにひるぜん焼そば味が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【7月発売】ランチパックにひるぜん焼そば味が登場

真庭市の提供店などでつくる「ひるぜん焼そば好(す)いとん会」と山崎製パン(東京)が開発したひるぜん焼そば味の総菜パン・ランチパックが7月から2カ月間、全国のスーパーやコンビニで販売される。同社がB級ご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」を制した焼きそば味のランチパックのフェアを開くのに合わせ、“全国デビュー”が決まった。

ひるぜん焼そばのランチパックは、みそベースの甘辛たれで麺やキャベツ、肉を絡めて食パンで挟んでいる。肉は同焼そばで用いる親鶏のかしわ肉の代わりに若鶏を使い、パンに合う軟らかな食感に仕上げた。昨年12月から今年1月末まで中四国地方で限定販売され、計13万5千食が売れたという。

全国展開は7月1日から8月末まで開かれる「夏だ! やきそばフェア」に合わせて実現。第6回B―1グランプリ(2011年)でゴールドグランプリのひるぜん焼そばをはじめ、第1、2回の富士宮やきそば(静岡県富士宮市)、第4回の横手やきそば(秋田県横手市)、第8回のなみえ焼そば(福島県浪江町)のランチパックが店頭に並ぶ。

ひるぜん焼そば味は、山崎製パンが計80万食の製造を計画。全国販売に向け、麺や具材がよく絡まるようにたれに粘りを加えて味を引き立てたほか、パッケージのデザインも変えてフェアをPRしている。参考価格は2個入り150円。

好いとん会の石賀幹浩会長は「中四国の販売では売り上げも伸び続け、手応えがあった。全国展開をきっかけにさらに蒜山地域をアピールできたらうれしい」と話している。

引用元 山陽新聞さんデジ

かなりの種類が出ているランチパックシリーズ。食べやすくて忙しい朝や時間が無いときにさくっと食べれるのも魅力の一つですね。「ひるぜん焼そば味」の発売が楽しみです。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*