【偽装】高級近江牛を割安肉に”在庫なく”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【偽装】高級近江牛を割安肉に”在庫なく”

京都市中京区の食肉卸会社「牛若商事」は28日、京都産和牛と偽って、近江牛約10キロを大津市内のホテルに納入していたと明らかにした。ホテルの食べ比べ企画で在庫がなく同社が偽装したが、近江牛の方が高価なため、損失が出ていた。ホテルの客は近江牛同士を食べ比べていた。

同社などによると、3月8日、近江牛のロース肉を京都産和牛と表示して、大津市の琵琶湖ホテルに納入した。1キロ当たり約3千~5千円の損失となるという。ホテルは近江牛との食べ比べ企画の商品としてステーキで18人に提供した。

引用元 共同通信

お肉を変えたので損失、というより偽装していることがかなり問題な気がしますが。どのお店もこういう事しているのかと疑ってしまいますね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*