【切ない】老舗の蕎麦屋の閉店理由が話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【切ない】老舗の蕎麦屋の閉店理由が話題に

6月24日、東京・内神田にある老舗の蕎麦屋「満留賀」が閉店。 店主の蕎麦アレルギー悪化がその理由で、ネットでは驚きとともに「あまりに切ない」との声があがっています。

同店は「この度、店主、蕎麦アレルギー悪化により、下記の通り一時閉店させて頂くことになりました」などと書かれた張り紙を掲載。店主は、当初はアレルギーに気づいていなかったようですが、数年前から症状が出始めたとのこと。

ネットでは「これは悲しい」「今まで闘ってきていたのですね」と同情する声のほか、「知人の蕎麦屋の息子も蕎麦アレルギーなんだよなぁ」「パン屋さんも小麦アレルギー発症する確率高いらしい」といったコメントも寄せられました。

引用元 J-CASTニュース/togetter

これはとても切ないですね。しかも数年前に気が付いたとか…アレルギーは死に繋がりかねないので仕方ないですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*