【逮捕歴】Google検索結果の削除、一転認めず【仮処分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【逮捕歴】Google検索結果の削除、一転認めず【仮処分】

インターネットの検索サイト「グーグル」の検索結果から、自身の逮捕歴に関する記事の削除を男性が求めた仮処分の保全抗告審で東京高裁は12日、削除を命じたさいたま地裁決定を取り消し、男性の申し立てを退けました。

男性は児童買春・ポルノ禁止法違反罪で罰金50万円の略式命令が確定しており、「逮捕から3年以上たったのに名前と住所で検索すると記事が表示され、人格権を侵害されている」と主張していました。

高裁の裁判長は、「忘れられる権利」について「法律で定められた権利ではなく、要件や効果も明確ではない」とし、プライバシー権などとは別の新たな権利として扱うべきではないと指摘しました。

引用元 共同通信/時事ドットコム

個人的な意見ですが、この主張をしている時点で反省していないのではないかなと感じてしまいますね。罰金刑かもしれませんが、犯罪は犯罪です。仕方がないのでは…。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*