【Facebook】自殺防止機能に「逆効果では?」との声も【新機能】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【Facebook】自殺防止機能に「逆効果では?」との声も【新機能】

Facebookは6月、ユーザーが”自殺をほのめかす投稿”を発見した時、同社にそのことを報告できる「自殺防止ツール」をリリース。

優れた機能として評価する人は多いものの、ネットでは「逆効果」との声も出ており、物議を醸しています。

自殺をほのめかす投稿を発見したユーザーは、Facebookへの報告が可能に。報告された本人には「友だちがあなたを心配している」という旨のメッセージが表示されたり、友達や専門家に相談したりするような誘導がされます。

心配な投稿に対し、投稿右上の「▽」をタップすると、投稿に対するさまざまなアクションが選択できる。ここから「この投稿を報告」→「●●●さん(投稿者)を助けたい」→「自傷行為をほのめかしている」を選択することで、以降のさまざまなアクションが選択できる。

ネットでは、「これで自殺防止につながればいい!」「思いとどまる人が増えればいい」と期待する人がいる一方、「偽善的な取り組みに思える」「誰一人心配してくれなかった時の方が闇深くないだろうか…」という声も。

引用元 R25/RBB TODAY

個人的には良い機能だとは思います。twitterでは「逆に追い詰められる人が出そう」などの声もありますが、何事にも反対の効果というものは存在してるわけですし、ないよりあった方がいいのでは?と僕は思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*