【人工知能】テスラ、自動運転中に死亡事故。誤判断か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【人工知能】テスラ、自動運転中に死亡事故。誤判断か?

【ワシントン=有光裕】米高速道路交通安全局(NHTSA)は6月30日、米電気自動車(EV)テスラ・モーターズの車両で、自動運転中に死亡事故が発生し、対象車の予備調査を始めたと発表した。

米国で自動運転中に死亡事故が起きたのは初めて。

事故は5月7日にフロリダ州で発生した。2015年製「モデルS」が自動運転で高速道路を走行中、前に斜めに進入した大型トレーラーと衝突し、運転手が死亡した。人工知能がトレーラーの下をくぐり抜けられると判断したとみられ、ブレーキをかけた跡はなかった。

テスラによると、自動運転の機能を搭載した車の走行実績は計約1億3000万マイル(約2億1000万キロ・メートル)に達し、死亡事故は初めてという。

引用元 読売オンライン

テスラオートパイロット動画

自動運転の技術が進歩して実用化に至ったとしても、こういう事故って起こってしまうんでしょうね。自分で運転出来ないって逆に不安かもしれません。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*